この間他のピアノ教室にいらっしゃる学徒さんと、僕

この間他のピアノ教室にいらっしゃる学徒さんと、僕と同じ教室に通う学徒さんとの縁で、課題講じる機会がありました。そこで聞いた課題なのですが、月謝カバンは先生が独自で準備してくださるそうなのです。私の向かう教室の場面を話してみたら、その方は驚かれていました(どうも僕が伺う教室は、相当バックアップが酷く感じられたようです)。
僕が向かう教室は何よりも引き下げを重んずる(?)教室で、我々の月謝カバンは各回、ATMの側に有るただでくださる封筒だ。自分で賄えるものは、なるべく自分で賄うことが僕が伺う教室の合言葉だ。ちなみに私の場合には、ATMに行った場合封筒を手広く貰って現れる他の学徒さんがいらっしゃるので、その方から分けて頂いています。学徒同士の主体性って助け合いが大切です。
他にも、稽古が終わるとキャンディをくれるお教室もあるそうですね。ですが僕が向かう教室では、キャンディを頂くことはありません。その代わりというわけではないですが、(各回ではないですが)稽古終わりのティー時間があります。その時にお茶や、お茶(主に紅茶)において欧米の因習において、先生から奥深い課題を頂きます。
僕はキャンディをできる教室にあたって不思議に思ったことがあります。例え自分で自由に好みのフレーバーを選べたとしても、自分が好きなフレーバーのキャンディを持ち歩くほうがグングン上手のではないでしょうか。
封筒もそうなのですが、もしお気に入りの色つやや上の封筒があるほうがいるのなら、ご自分でそれを準備されるほうが、稽古への望ましいわけの1つになるのでは無いでしょうか。
ほんの些細なことですが私のピアノ教室では、こういう着想の移行が不可欠です。別の皆様からは、バックアップが悪いと言われてしまいましたが、それに渡り合える位の稽古があるのだって力説致しました。勿論、月謝カバンやキャンディを準備して頂ける先生は、実に実直で行き届いた加減を通してくれる先生ですと感じます。ですが、それがないからと言って、そんなに「バックアップが腹黒い」ことにはならない筈です。理想的には教示のみならず、月謝カバンも憂さ晴らしのキャンディも準備してくれる先生に好感を感じるのは当然だ。ですが、それは素晴らしいピアノ教室の不可欠ではない筈です。あまり異存を寄稿したくて、作文を執筆させて頂いたわけではありません。「バックアップ」という読み方を越えて、大切な特長がある事を伝えたくて、執筆させて頂きました。酵素ダイエット成功のしおり|失敗しない効果的なドリンクの飲み方